Powertexについて

石になるアート素材Stone Artストーンアートについて簡単解説

更新日:

StoneArt(ストーンアート)について特徴からご使用方法まで分かりやすくご紹介いたします。Powertex入門編です。

・Stone Art ストーンアートの特徴

・Stone Art ストーンアートの3つの表現方法

・使用方法

・YouTube参考動画

Stone Art ストーンアートの特徴

Stone Art ストーンアートはパイプ材を利用したオーガニックの粉末マテリアルです。吸水性の良い素材で、Powertexペイントと組み合わせて主に石調の表現として利用することが出来ます。

乾燥後は硬化し、防水性質を持ち非常に軽い仕上がりなることが特徴です。StoneArtは発色も良く、乾燥後Powertex専用の顔料での色付けや、アクリル絵の具などで着色も可能です。絵画、オブジェ、アクセサリーまで幅広いアート表現に利用できます。

Stone Art ストーンアートの3つの表現方法

① 石調の表現 最後に参考Youtubeあり

Powertexペイントに多めのStoneArtを重ねてこすり取ることにより、まるで石のような質感を出せます。発泡スチロールなど軽い素材に対して、重厚感のある表現ができるため吊り下げるオブジェ作りにも最適です。

② 粘土の表現

Powertexペイントに約同量(ペイントの色によって粘度が異なるため調整が必要)のStoneArtをよく混ぜることで粘土として利用できます。非常に細かい作業には向いていませんが、乾燥後は大変軽い仕上がりで、硬化、防水となるためアクセサリーやオブジェの制作に向いています。大きく重厚感のある見た目に反する軽さで、実物を見た方は皆驚きます。

③ パスタ状の表現

パスタ状とはセメントのようなペースト状態の事を指します。Powertexペイントに少量のStoneArtを混ぜ合わせることでパスタ状を作ることが出来ます。何かものを接着する場合や、立体的な絵画を作る場合に利用できます。絵画を制作する場合は、パレットナイフを使うことをお勧めいたします。

使用方法

①の石調の表現を利用したオブジェ作りの使用方法をご紹介します。

1.StoneArtを開ける際は粉が舞う恐れがあるためそっと開けてください。

2.利用したいPowertexペイントをご用意ください。どの色でも利用できます。

3.オブジェの土台(発泡スチロールや木製製品など)にPowertexペイントを薄く塗ります。その上にStoneArtをふるいかけ、手のひらでしっかりと押し付けます。この時、ベースのペイントと一体化させます。10秒ほど待っていただいてから、StoneArtを擦り落とします。

4.更に石調の表現をするため3の工程をお好みの質感に仕上がるまで何度か繰り返します。通常3回程度。重ねる場合は完全に乾燥していなくても問題ありません。

5.乾燥後Powertex専用の顔料もしくはアクリル絵の具で塗装ください。Powertexペイントを利用してレースなどを貼り付けても美しいです。

YouTube参考動画

イースターエッグの制作工程をまとめた動画をご紹介いたします。

初回のワークショップでは使用方法でもご紹介しているStoneArtを使用した一輪挿しが選択できる作品になるので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

合わせて、YouTube登録と高評価頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

-Powertexについて

Copyright© Powertex Art ‐オーガニックアート素材‐ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.